「書評」[USJを劇的に変えた、たった1つの考え方]要約とまとめ ビジネスにも活かせる!成果を最大にする戦略的思考とは何か?

読書の感想
Pocket

cocoroan
cocoroan

こんにちは。

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」を読んで、要約と大事なこと2点をまとめました。

この本は、マーケターの基礎について、マーケターでない人が読んでも理解できるように分かりやすく書かれた本です。

そして、マーケターが使う大切な考え方である”戦略的思考”についての解説があります。

戦略的思考とは、成果を最大化させるための方法です。

マーケターだけでなく、全てのビジネスマンに適用できる考え方です。

この本を読むことで、あなたの仕事に戦略的思考を取り入れたくなるメリットが分かります。

本書は250ページもある厚い本です。

でも、読み始めると最後まで止められないほど面白いので、休日などに読むことをオススメします。

(私の読了時間:約5時間)

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」 要約とまとめ

要約

この本の内容を一言でまとめると、「USJをV字回復させた作者が、日本にマーケターを増やすために書いたマーケターの入門書」となります。

本書によると、日本の会社にあるマーケティング部門は、カッコつけるためだけにある場合が多く、本物のマーケターは少ないそうです。

なぜなら、戦後の復興時に大切だったことは量だったので、マーケティングが必要なかったからです。

でも、現在の企業は世界を相手に戦う必要があります。

そのため、自社の製品を買ってもらうための戦略が必要にあります。

そうしないと、世界で負けてしまうからです。

これは、従来の”量”から”質”へ戦略を変えていく必要がある、ということです。

このときにマーケターの考え方が必要になります。

本書は、マーケターとして必要な基礎となる考え方を、作者の大学生の娘さんにも分かるように説明した内容となっています。

 

cocoroan
cocoroan

マーケターって何?という自分でも理解できるほど分かり易かったよ

この本から学べる大事なこと2点を解説

  1. マーケターとはどんな人か?
  2. 戦略的思考とはどういうものか?

それぞれ解説します。

マーケターとはどんな人か?

一言いうと、「消費者理解の専門家」です。

マーケターは、ビジネスが伸びる/伸びないの本質を見極めることに最も時間を使います。

その本質を突き詰めて一言で表せば、”消費者(お客さん)が買ってくれるか?”になります。

だから、「消費者から見てそれはお金を払ってでも買う価値があるか?」を判断することが、マーケターにとって一番重要な仕事です。

そして、買ってもらえると判断したものをビジネスとして展開します。

消費者の専門家であるマーケターは、最初から売れるものを創り出し、宣伝し、効率よく売ることが役割です。

この時に使う考え方が、戦略的思考です。

マーケターとは、「消費者理解の専門家であり、売れる製品を創り出す人」

 

cocoroan
cocoroan

作ってから売る方法を考えるより、最初から売れるモノを創った方が効率いいよね

続いて、戦略的思考について解説します。

戦略的思考とはどういうものか?

一言でいうと、「成果を最大にするために、目的 ⇒ 戦略 ⇒ 戦術の順に考える思考」となります。

それぞれの言葉の意味は、

  • 目的・・・最上位の概念。達成したいこと
  • 戦略・・・使える資源をどのように分配するか決めること
  • 戦術・・・分配した資源を使って実行すること

となります。

戦略的思考は順番が大切です。

必ず「目的 ⇒ 戦略 ⇒ 戦術」の順番に考えます。 

戦略的思考で大事な点は「目的 ⇒ 戦略 ⇒ 戦術」の順に考えること

 

これだけだと分かりにくいので、例で解説します。

次の文で、A,B,Cは目的、戦略、戦術のどれに該当するでしょうか?

「良し、頑張ってやせよう!(A)」。

でも運動する時間がなかなかとれないから、食事制限でカロリーをコントロールしよう(B)

毎晩の夕食を野菜ジュースに変えるぞ!(C)」。

この場合だと、

  • 目的=A・・・やせたい
  • 戦略=B・・・食事制限でカロリーをコントロールしよう
  • 戦術=C・・・毎晩の夕食を野菜ジュースに変えるぞ

となります。

もう少し詳しく解説します。

まず、目的の「やせたい」が決まります。

次に戦略として浮かぶ様々な候補から、今自分にできること(資源)をどこに割り振るか決めます。

最後に戦術として、毎晩の夕食を野菜ジュースに変える、という具体案を決定します。

戦略を言い換えると、正しい方法を選ぶこと、です。

戦術を言い換えると、具体的な実行方法のこと、です。

 

さて、ここで大事な質問です。

戦略と戦術は、どちらの方が重要でしょうか?

質問を言い換えると、下図のA,B,C,Dでビジネスの結果が良い順番はどうなると思いますか?

答えは、A,B,C,Dです

 

cocoran
cocoran

あれ?Cが最悪なんじゃないの?

と思った方が多いのではないかと思います。(自分はそうでした)

なぜ、CではなくDが最悪なのでしょうか?

それは、Dは大きく失敗してしまうから、です。

ここは非常に重要なポイントです。

戦略・・・間違い

戦術・・・正しい

これだと、間違った方向へ大きく前進してしまうからです。

この部分は、実際に本を読んでみて、ぜひ詳しく理解して頂きたいと思っています。

重要なことは、

戦略の失敗は、戦術で取り返せない

です。

まとめ

マーケターとは、消費者思考でビジネスを考え、戦略的思考で実行する人です。

戦略的思考とは、ビジネス全般に使える、成果を最大にするために、目的 ⇒ 戦略 ⇒ 戦術の順に考えることです。

本書では、他にも10点ほどビジネスにおいて役立つポイントがあります。

ですが、全ては書ききれませんので、ぜひご自身で読んで頂ければと思います。

戦略的思考を身につけて、成果を最大にするのに役立つと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました