「転職の思考法」要約とまとめ 一生使える判断軸をもとう! 

読書の感想
Pocket

cocoroan
cocoroan

こんにちは。cocoroanです。

転職の思考法を読んで、要約と大事なこと2点をまとめました。

転職の思考法を読むと、転職だけでなく、一生使える判断軸の持ち方を学ぶことができます。

転職の思考法 要約とまとめ

「転職の思考法」要約

この本の内容を一言でまとめると、

 

もし1年後に今の会社がなくなったとき、自分は別の会社に転職できるだろうか?

 

という不安を抱えた人へのアドバイスが書かれた本です。

 

もし自分が転職するときのことを考えると、大きな不安が心を占めてくると思います。

 

この不安が発生する理由は、初めて「何かを捨てて」「何かを得る」意思決定をするから、です。

 

捨てるもの・・・今までの慣れた生活

得るもの・・・新しくて、何が起こるか分からない可能性

 

この不安を克服し、自分の判断の軸を持って転職を考えること。

 

この考え方を持つための方法が、この本には書かれています。

不安を克服し自分の判断軸を持って転職を考えるための思考法、が得られる

 

cocoroan
cocoroan

この思考法は転職だけでなく、一生使える考え方になると思うよ

 

「転職の思考法」から学べる大事なこと。その1

「ほとんどの人に、どうしても譲れないくらい好きなことはない」ということです。

 

自分の「本当にやりたいことが分からない」、でも「今の状態に不安がない」という状態で良いのです。

 

ほとんどの人に、どうしても譲れないくらい好きなことはない

 

1%くらいの人たちは、自分のやりたいことを見つけてどんどん進めていくでしょう。

 

だらかといって、「心からやりたいことが見つからない」と悩む必要はないのです。

 

なぜなら、それは単に何を大事にするか?という価値観の違いでしかないから。

  

「すること」に価値を感じるのか「ある状態」に価値を感じるのか、だけの違い。優劣はないのです。

 

「すること」と「ある状態」どちらに価値を感じるかに優劣はない

 

例えば、テニスをすることが好きな人と、テニスを観戦することが好きな人の違いと同じです。

 

だから転職をするとき、転職後の仕事が「心からやりたいこと」なのを悩むことはないと思います。

 

自分が「この状態は自分に合っている」と感じられれば、やっていることにムリして価値を見つける必要はないです。

 

なぜなら、その状態こそが自分にとって良い環境なのだから。

 

cocoroan
cocoroan

「心からやりたいこと」がなくても落ちこむ必要はないんだね

 

「転職の思考法」から学べる大事なこと。その2

「自分にラベルを付ける」ことです。

 

自分の好きなこと、もしくは好きな状態が分かったら、それをラベルにします。

 

ラベルの内容は、理想で良いし、今できていない事でもよいです。

 

このいいところは、「言語化することで自分の判断の軸を持てること」です。

 

自分にラベルを付けることで、自分の判断の軸を持てる

 

私の場合の例を書きます。

 

私のラベルは、「あなたを陰から支え続ける人」です。

 

このラベルにした理由は、誰かを横から支えて、その人の成長を感じられることが好きだから、です。

 

実は、このラベルを付けた結果、今の仕事は自分に合っていないかも、ということに気付きました。

 

毎日何かをガマンしていたのは、今の仕事が自分の好きなことと合っていなかったから、かもしれないです。

 

きっと誰にでも、そこそこ好きなことがあると思います。

 

それをラベルにして自分の判断軸をもつと、転職の際にきっと役立つと思います。

 

cocoroan
cocoroan

自分の判断軸を持つと、自分にとって良いこと/悪いこと、を選別し易くなるよ

 

まとめ

転職の思考法は、

もし1年後に今の会社がなくなったとき、自分は別の会社に転職できるだろうか?

という不安を抱えた人へのアドバイスが書かれた本です。

 

 ・自分がそこそこ好きなことを見つけること。

 ・自分の判断軸を持つこと

 

これら2つは、きっと転職だけでなく、人生において役立つ思考法になると思います。

 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました