[バイクツーリングルート紹介][動画あり]塩尻IC⇒サラダ街道⇒安曇野アートライン⇒白馬を走るルート。景色よし、路面よし、走りごたえよし、の「3よし」が揃った超オススメルート。

バイクお役立ち情報
Pocket

ソロライダーによる、ソロライダーのためのツーリングルート紹介です。

”走り出したら止まらない”スタイルの私が、自分で走ったオススメルートを紹介します。

今回紹介するルートの概要はこちら。

■長野県

・スタート:塩尻IC

・ゴール:安曇野IC

・経由地:塩尻サラダ街道→安曇野アートライン→白馬→県道33号→県道306号

塩尻ICから白馬方面へ向かい、白馬から県道33号と県道306号を経由して安曇野に戻ってきます。

・所要時間:約4時間

・移動距離:約150㎞

このルートはワインディングが好きな人はには物足りないかもしれません。

でも、自然に囲まれた緑豊かな道を気持ちよく走りたい、という人とっては、とても楽しいルートだと思います。

とくに安曇野はどこを走っても楽しいです。

眼前に迫る山、青い空、広い田んぼ、信号のないキレイな舗装路と、バランスが良い条件が揃っています。

このルートは本当にオススメなので、ぜひ多くのライダーに走ってもらいたいなー、と思います。

安曇野、白馬は標高が高いので、気温低めです。

参考データ:5月末の気温で安曇野が16℃、白馬が13℃でした。

夏場でも雨に降られると寒いので、カッパがあると安心です(*´ω`*)

 

ツーリングルートの紹介動画も挙げています。

合わせてご覧いただくと、よりルートの雰囲気が分かると思います。

スポンサーリンク

塩尻→安曇野→白馬を走る爽快ルートのご紹介 

塩尻峠 

塩尻峠を越えて、スタート地点の塩尻ICに向かいます。

天気は晴れ。気温17℃。

ちょっと肌寒いけど絶好のバイク日和。

数年前、塩尻峠の諏訪側は結構急なカーブが多かったです。

が、今は改装されて走り易くなりました(*´ω`*)

登坂車線もあるよ

塩尻峠からはこんな景色が見られます。

うーん、気持ちいいー(*´▽`*)

高ボッチ高原の入り口は峠の塩尻側にあります

さてさて、塩尻ICに着きました。

遠方から来られる方は、この塩尻ICがスタート地点になります。

塩尻峠~山形村 

塩尻から山形村方面に向かいます。

山形村に向かう道から見える景色もキレイです(*´▽`*)

田植えが終わって稲がすくすく成長してます

突然ですが、長年やっているMMOに影響されたのか、下写真にあるような木を見ると採集したくなります(;´∀`)

ぴろーん。「雑草を3個入手」。

 

そうそう。今回紹介するルートには、あまりトレイがありません。

なので、山形村のコンビニやガソリンスタンドで済ませた方が良いかもです。

山形村からサラダ街道へ

今回ルートでは、サラダ街道は途中までしか通りません。

サラダ街道を走り続けるには下の写真を右折するのですが、ここを直進します。

眼前に広がる山が見事です

この日はどうしてもトイレにいきたくなったので、梓川ふるさと公園に寄りました。

ここは駐車場が広くて止めやすいです。

トイレも比較的綺麗でした。

公園といっても、有料のグラウンドがメインのようです。

家族で遊ぶようなところではなさそうです。

左折すると公園に入ります

ここから安曇野の自然の中を走ります。

安曇野は、本当にどこを走っても絵になります。

緑が濃くて酸素がおいしい(気がする)(*´▽`*)

安曇野は水もキレイです。

今回ルートは基本的に急カーブはありません。

が、1か所だけ例外として存在します。

それがこちら。

90度の直角カーブです。

このカーブを抜けると・・・

こんな風景と出会えます。

今回ルートの中で、一番素敵な風だと思います。

「あれ、ここ日本だよね(。´・ω・)?」

スポンサーリンク

白馬から県道33号 

続いて白馬に入ります。

国道148号線を突っ走ります。

途中、木崎湖や青木湖を左手に見ながら走ります。

 

この日、白馬はめっちゃ寒かったです。

なんと気温13℃。

5月末でこの気温なのかー(´゚д゚`)

さて、白馬から県道33号線に入ります。

県道33号線を通って、白馬から安曇野方向へ戻ります。

ここを右折します

33号線も自然の中を走る快走路です。

本当に気持ちが良い道ばかりです。

バイク乗っていてよかったぁ(*´▽`*)と思う時間です。

33号線の途中に、オフロードの練習コース(?)があります。

この日も、5台くらいもオフ車が走ってました。

そのうちの1台が、見た目で60度以上ありそうな傾斜を登ってました。

すげー(´゚д゚`)

私にはとても真似できません。

右側がオフロードコースになってます

この先もしばらく快走路が続きます。

天気も良いし最高です(*´▽`*)

高瀬川沿いを走る超快走路 

県道33号を抜けたら、大町に入ります。

そして、高瀬川沿いを走る「県道306号」に入ります。

この道は、超快走路です。

信号なし、歩行者なし、大町側からくると交差点なし、です。

走ることに集中できます。

正直、白馬に行く時間がないときは、この道を走るだけでもいいかもです。

北海道にも劣らない道だと思います。

途中道の駅もあります。

のんびり休憩するのも素敵です。

この306号線の魅力は、写真数枚では、とても伝えきれません(;´∀`)

306号線を進んでいくと、大王わさび農場の前を通ります。

大王わさび農場では、安曇野の水の綺麗さがよーく分かります。

今もワサビソフトクリームあるのかな(。´・ω・)?

 

ただ、ここはシーズン中メッチャ混みます。

5月末時点でも、駐車場は7割以上埋まっている感じでした。

この先の左側が大王わさび農場の入り口です

大王わさび農場から安曇野ICまでは10分程度です。

スイス村の前を通って安曇野IC前に到着です。

まとめ 

塩尻、安曇野、白馬を通って、安曇野帰ってくるルートの紹介でした。

このルートはどこを走っても景色がよく、峠もないので初心者にも安心です。

とくに安曇野は、本当に自然豊かな綺麗な道を走ります。

機会があれば、ぜひ走ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました