大型バイク(900㏄)にかかる車検費用を実例で紹介![MT-09 TRACERの場合]

バイクお役立ち情報
Pocket

大型バイク(900㏄)にかかる車検費用を実例で紹介!

マイバイクである「MT-09 TRACER」の各種費用についてご紹介します。

大型バイクの購入を検討している方のご参考になればと思います。

下の表が、実際の価格です。

これらは、全てバイクショップにお願いした金額です。

自分が通っているバイクショップは、10年以上の付き合いがある個人のバイクショップです。個人店のため、工賃は少し高め?かもしれません。

工賃の単価は教えてもらったことはないですが、プラグ交換が半日くらいとのことなので、時間当たりの工賃は「約1800円/時間」となります。(¥7040÷4時間=¥1760)

スポンサーリンク

車検代は合計で¥70,680でした。

この金額は、2020年4月の車検代です。

車検整備費と車検代行料はショップ独自の価格です。

これらで¥50,000を占めてますね。もし、自分で車検を通す場合は最安で¥20,000くらいの金額になると思います。(ユーザ車検はしたことないので詳細は分かりません・・・)

¥50,000はかなり大きな金額ですが、自分はショップに頼んでいます。

それは、安全と安心をお金で買っている、と考えているからです。

バイクの事故は大きなケガに繋がり易いので、プロでの技術できちんとメンテナンスしてもらえば、安心して乗れますよね^^。

タイヤ交換+ブレーキフルード交換で¥62,000

タイヤは約1万km走ったところで交換しました。

理由は、前輪の真ん中だけが擦り減ってしまい、ショップから「これだとうまくバンクできないよ」と言われたからです。

言われて前輪をよく確認してみると、確かに真ん中が平たくなってました。

後輪はあまり消耗してなかったですが、一緒に交換してもらうことにしました。

後輪だけ別の日にしてしまうと別途工賃がかかってしまうのと、前後のブレーキフルードがかなり劣化してたので、フルードの交換も一緒にやっちゃおうと思ったからです。

タイヤを交換した結果ですが、明らかに曲がり易くなりました。

お金はかかりましたが、満足のいく結果が得られたのでよかったです。

タイヤの消耗を確認するときは、溝だけでなく擦り減り方も見た方がよいです。

バッテリー交換 ¥24,750

バッテリーは新品に交換するだけなので工賃はかかりません。

そのため、¥24,750はバッテリー本体の価格です。

ただ、このバッテリー料金はかなり高いです。

YTZ-10Sってアマゾンとかで購入すると¥12,000位で買えます。

バッテリーの交換は比較的簡単なので、自分でする方が安上がりです。

自分の場合は、面倒だったので車検をお願いした時に、一緒に交換してもらいました。

スパークプラグ交換 ¥9,350

プラグは、約1万㎞で交換しました。(MT-09 TRACERのプラグは3個です)

イリジウムではなく、通常のプラグです。

プラグは、一般的に1万㎞が交換の目安と聞いたことがあったので交換しました。

交換してもらったところ、なんかエンジン音が元気になりました^^。

パワーの変化は感じられないですが、前よりも頼もしくなりました。

まとめ

MT-09 TRACER(大型バイク:900㏄)の場合、費用の実例です。

車検代:¥70,680

タイヤ交換+ブレーキフルード交換:¥62,000

バッテリー交換 ¥24,750

スパークプラグ交換 ¥9,350

バッテリーはアマゾンなどで買うと¥12,000位なので、自分で交換できると安上がりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました