どれだけ悩んでも考えても、過去の他人は変えられい。変えられるのは自分の行動だけと知る

人生を変えるための読書
Pocket

大事なこと:自分で出来る最善策を考えて実行すること 

苦手な上司へのプレゼン、誰の/何の役に立っているか分からないやる気の出ない仕事。

これだけでも嫌なのに、結果が自分の評価に結びつく、と考えるともっとイヤになる。

「あーやりたくない」「あー失敗したくない」

こういう事は誰にでもあると思います。

そんな時、使える考え方があります。

それが、

結果は選択できないけど、自分の行動は選択できる

です。

どれだけ「やりたくねぇー」と思っていても、いずれ期限がきます。

期限が来るまでの間ずっと、「あーイヤだー」と思って過ごすのはツライくないですか?

だから、早くラクになるために、上の考え方を使うのです。

この考え方、投げやりのようで実は本質を突いています。

だって、「結果は選べない」けど、「自分がどう動くかは選べる」から。

と言って、なんでも選べるわけじゃないですよね。

だからこの場合は、「自分が最も良いと思った行動」となります。

出来ないものは出来ない 

出来ないものは出来ないのです。

だから出来る中で最良の選択を選ぶ。

そして、準備ができたらもう考えない。後は実行するのみ!

「結果はどうせやらなきゃ分からん」

「もし結果が良くなかったとしても、また自分が最良と思う行動をすればいいだけ」

こう考えてほしいです。

重要なのは自分が納得できている事 

ここで重要なことは、最良の選択=自分が納得できていること、です。

もし手を抜いたりして自分が納得できていないと絶対後悔します。

だから、「ここまでやってダメだったらしゃあないか」まで腹落ちしていることが大事です。

そして、「結果と他人はコントロールできない」についても知っておくことです。

「結果がどうなるか」、なんて終わってみるまでは上司だってわからんのです。

だから考えるだけ無駄なのです。

これらを理解しておくことで、

「ここまでやってダメなら仕方がない。まだ最良の行動をとればいいだけ」

と考えられるはず。

最初からは難しいでしょうが、無理やりにでも考えるようにしてください。

必ず上達します。

会社の評価は、会社が決めたルールの中での評価 

失敗した評価下がるよな・・・と心配はありますよね。

でも、しょせん会社の評価は、会社が決めたルールの中での評価です。

あなたの価値は、今の会社のルールだけで決まらないです。

会社によってルールそのものも違います。

私は今3社目なので、これは本当に良く分かります。

前の会社と今の会社では、評価の基準が違います。

前の会社は、「個人プレーをしながらチーム全体も見れる人」が評価されました。

が、今の会社は個人プレーしかないので、「個人技がすべて」になっています。

結局、ルールによって評価軸が変わるのです。

上司によっても評価するポイントは変わります。

だから、結果を気にするだけ損なのです。

まとめ 

イヤなことをずっと「イヤ」と思っているより、「人事を尽くして天命を待つ」方が、きっと人生楽しくなると思います。

「結果は選択できないけど、自分の行動は選択できる」

この考え方を実践すると、憂鬱な気持ちがちょっとだけでも晴れると思いますよ。

「成長マインドセットより」


 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました