[長野県 伊那 / 駒ヶ根周辺のツーリングルート紹介]絶景の道をのんびり走るおすすめルート 後編(2/2)

バイクお役立ち情報
Pocket

飯島町の道の駅から、伊北ICへのルート

このブログでは、長野県伊那周辺のオススメツーリングルートを紹介しています。

  • スタートとゴールを伊北ICとしているので移動が楽
  • ルート上にクネクネ道がないので、バイク不慣れな人でも安心
  • 景色が良いところが多い
  • 後半のルートは信号が少ないので快適に走れる 

今回は後編です。

前半見てない方は、ぜひ前半もご覧ください。走り易い道を紹介してます。

 

前半ルート:伊北ICから道の駅 花の里いいま」 まで。

 

後半ルートは、伊那広域農道がメインとなり、前半以上に走って気持ちが良い道が続きます。

また、全体的に前半ルートよりも信号が少なめです。

適度にコンビニもあるので、休憩も問題なしです。

 

・後半ルートの概要

走行距離:40㎞

走行時間:1時間30分

後半ルートの概要は前半と同じです。

道の駅から駒ケ根市方面へ 

では出発ー!

道の駅から左(駒ヶ根市)方向へ向かいます。

こんな道がいっぱい

ちょっと走ると、いきなり爽快路が現れます。

後半ルートは、こんな景色が普通に続きます。

風が気持ちよくて、バイクの調子もよくて、車も信号も少ない! 

ツーリング好きライダーにとっては至福の時ですよね。

 

天気と景色が良いと、こんなちょっとしたコーナーも楽しく感じます。

この先の景色はどんなだろう?って想像すると楽しいです。

 

中央アルプス 花の道

道の駅から走っているルートは、「中央アルプス 花の道」という名称です。

名前の通り、四季によって印象が大きく変わります。

写真は春先なので緑がありませんが、もう少し立つと草木が元気になってくるのが分かります。

あー良い天気だー

私はこういう道が大好きなので、今回紹介しているルートは大好きです。

峠ゼロなので、バイク不慣れな方にも是非走ってほしいなー、と思います。

こういう道をのんびり走るのも、また楽しいものです^^

 

吸い込まれる~

たまに、大きいトラックが走っています。

すれ違いに時に、負圧で吸い込まれそうになるのがコワです;;

なるべくトラックから離れて、負圧の影響をへらしましょう。 

駒ヶ根IC

途中で駒ヶ根ICの前を通ります。

時間が無い場合は、ここから高速使ったルート変更も可能です。

なお、駒ヶ根IC周辺は少し混みます。

信号も多めなので、ちょっとノロノロ運転が続くかもです。

 

橋の上

見通しが良い橋は、走っていて気持ちがいいです。

ここの川は水がキレイです。釣りしたら楽しいのかも。

ここも好きなところ

うーん、本当に天気が良くて最高です。

GWを過ぎると田植えが終わるので、この辺は景色がガラッと変わります。

初夏の青空と、水が張られた田んぼと、気持ちの良い風。

この中を愛車で走るのは至福の時間です。

 

小黒川スマートIC

小黒川のスマートIC周辺です。

この辺は夏に来ると、道の両側にトウモロコシが出来ています。

1メートル以上はあると思うので、初めて見た人はちょっとびっくりするかも。

某メイちゃんとおばあちゃんがトウモコロシを取ってそうです^^

 

伊那IC

伊那IC前を通ります。

今回のルートではIC前をいつくか通るので、時間を柔軟に変更できるメリットがあります。

 

農道から一本山側へ入った道

伊那広域農道から一本山道へ入ると、農道よりも車が少ない道があります。

山に近い分、こっちの道の方が景色がいいですよ。

左に桜 右に伊那谷

走っていると、左に桜(写真ではまだ咲いてません)、右に伊那谷の広がり見える場所があります。

桜の季節(4月頭から中旬)に通ると、結構感動する景色に出会えると思います。

 

この看板が見えたら、この先の信号を右折して伊北IC戻ります。

 

まとめ 

今回は、伊北ICを出発して伊北ICに戻ってくる快走ルートを紹介しました。

このルートは峠やクネクネ道を通らないので、バイク不慣れな方でも安心です。

また、「道の駅 花の里いいじま」では、綺麗な景色を見ながら、おいしいソバとか五平餅を食べられます。

東京からでも日帰りできると思いますので、気になった方は試してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました