【原神冒険記その51】稲妻到達!最初の町(離島)で気を付けるポイント2点を紹介。鍾離やアルベドなどがいなくても雷の印は取れます!

原神
Pocket

遅ればせながら稲妻へ到達しました。

といっても、まだまだ最初の町をウロウロしているだけです(*´▽`*)

最初の町でストーリーを進めているときに、気を付けたいポイントが2点あったので紹介します。

  1. 町のNPCに話掛けると経験値(紫)を2冊とか良いものをもらえます
  2. 雷の印は、鍾離とかアルベドがいなくても主人公(岩)がいれば取れます

の2点です。

それぞれ紹介します。

スポンサーリンク

1.NPCに話かけると色々もらえる!

原神のNPCは、話しかけるとアイテムくれることがあります。

モンドや璃月では、普通のアイテムでした。

が、稲妻の最初の町では、

  • 経験値本(紫)
  • 銀色の天賦素材

がもらえたりします。結構豪華ですよね!

話しかけて、選択肢を総当たりすれば必ずもらえます。

例えば、下の画像の右側にいる<秦師匠>というNPCに話掛けると、経験値本(紫)がもらえます。

もう1つ例です。

下のNPCに話掛けると、天賦素材(銀)をもらえます。

稲妻ではNPCに積極的に話掛けた方が良いかもですね。

良いものもらえます!

雷の印 取り方(鍾離やアルベドがいないとき)

続いて2点目です。

最初の町には、神象に捧げるための「雷の印」が1個あります。

が、この雷の印、建物の上にあるので非常に取りにくいです。

この建物の屋根にあります

鍾離、アルベド、カズハなど高い位置に移動できるスキルがあれば、簡単かもしれません。

でも私のように、これらのキャラを持っていないと、取る方法が分からないと思います。

そこで、主人公(岩)を使った雷の印の取り方を紹介します。

 

取り方の手順です。

  1. 神像の下に岩を設置
  2. 岩を足場にして神像の上部に移動し、岩を設置。(神像の上部で岩を出すとき、視点が変になるけど適当に岩を出せば大丈夫です )
  3. 岩の上から建物に飛行

これで屋根に上に行けます。

最初の1個からこれだと、この先どうなることやら(*´▽`*)

まとめ 

稲妻の最初の町で、気を付けたいポイント2点を紹介しました。

特に気を付けたいのは、稲妻ではNPCに積極的に話しかけた方がよい、ということです。

良いアイテムもらえる可能性が高いです。

そうそう。最初に北斗の船が付いた桟橋にビューポイントがあるので、取り忘れに気を付けてください。

ではーノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました