傾斜のある駐車場にバイクを停めるのは怖いですよね。[傾斜地にバイクを止めるときのノウハウ]

バイクお役立ち情報
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Pocket

傾斜のあるところにバイクを停めるときのノウハウ

傾斜している駐車場にバイクを停めるときは、覚えておいてほしいことが3点あります。

駐車場が傾いていると立ちごけ原因になったり、出発する際のバイクの取り回しでとても怖い思いをするかもしれないからです。

早速ノウハウを見ていきましょう。

1.傾いていない平らな駐車場を選ぶ

2.傾斜の低い方に、後輪がくるように駐車する

3.前輪が奥にくる場合は、車体の右側スペースを気持ち広くとる

です。それぞれについて解説します。

傾いていない平らな駐車場を選ぶ

え、それってなんか論点ずれてない?と思った方もいると思います。

もちろん、全ての条件で使えるわけではないです^^;。一部だけが傾斜になっている駐車場限定です。

駐車場に入る前に外から駐車場全体を確認し、傾斜がありそうなところだったら、駐車する前に一周して止め易そうなところを選ぶと良いです。

ただ、休日などで激混みの場合は、この方法つかえないんですよね・・・

傾斜の高い方に、前輪側がくるように駐車する

これは、出発するときに楽だからです。

前輪側から出るときは普通に乗って出ればいいですし、後輪側から出る場合は、出たい方向が傾斜になっているので取り回しがやっぱり楽です。

前輪側から出る場合は駐車時にバックで止める必要がありますが、出発の時に苦労するよりは良いですよね。

自分の場合は、そうしないと出発時の取り回しが気になってしまい、用事に集中できません(笑)。

前輪が奥になる場合は、車体の右側スペースを気持ち広くとる

どうしても、前輪側が傾斜の低い方になってしまう場合、車体の右側を気持ち広くとるとよいです。

バイクをバックで取り回す場合、左後ろにバイクを動かす方が楽だからです。

その場合、バイクの動きは車体右側に膨らむためです。

傾斜のある駐車場とも仲良く付き合い、楽しいバイクライフを過ごしたいですね^^。

コメント

タイトルとURLをコピーしました