「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」レビュー あなたにも出来る!再現性が高い方法です

読書の感想
Pocket

cocoroan
cocoroan

こんにちは。cocoroanです。

「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」を読んで、要約と大事なこと1点をまとめました。

この本を読むと、平凡サラリーマンがどうやって1億円までお金を増やしていったかを知ることができます。

その方法は再現性が高いため、真剣に取り組めばあなたも同じような結果を出せる可能性が高いです。

最後にオマケで、私がこの本を読んで「意外に意味が深い・・・」と思った事も紹介します。

「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」 要約とまとめ

スポンサーリンク

要約

この本の内容を一言でまとめると、「世界経済は2050年まで成長し続ける。だから世界経済へ投資をしてお金を増やそうよ」となります。

この本を作者が書いた理由は、「毎月頑張っても給料が上がらない人にお金が増やせるようになってほしいから」というものです。

この本の特徴は、作者のプロフィールです。

まず手取り給料は本当に22万円です。

本の冒頭にいきなり作者の、社会人1年目と10年目の給与明細が表示されています。

 

本の冒頭に、作者の給与明細がドーンと表示されている

 

これを見ると、確かに10年目の手取り給料は22万円です。(ちなみに、1年目は20万円)。

また、作者は20代半ばで交通事故に遭い、社会復帰までに2年6か月かかっています。

この間に「どうやってお金を増やすか?」を考えて実行したことが書かれているのが、この本です。

作者がお金を増やした方法は2つ。

  1. 世界経済への投資(投信信託)
  2. 不動産投資

このうち、2の不動産投資は全く素人向けではありません。

初心者へのオススメは1の世界経済への投資です。

理由は、世界人口は2050年までは増え続け、GDPもつられて上がっていくことが予想されるから。

だから、世界経済へ投資すればお金が増えていくよね、という論理です。

 

そして、作者は実際にこの方法で2007年7月から毎月積み立てて、2019年には3600万円になったとのこと。

約10年で2100万増えたそうです。

 

cocoroan
cocoroan

成長していく世界経済へ投資するから、自分のお金も増えていくんだね

この本から学べる大事なこと。

世界経済への投資を実践しよう

作者の主張は、「毎月の給料から出来るだけ多くの金額を、ドルコスト平均法で世界経済へ投資しよう」という内容です。

ドルコスト平均法とは、毎月一定額を投資することです。(例:毎月1万円を投資)

この方法の良いところは、相場の変動に悩まされずに淡々と購入できる点にあります。

投資するファンド(投信信託の商品)の相場は常に上下します。

この方法だと、安い時は多く買って、高い時は少なく買う、という合理的な購入ができます。

 

投資信託とドルコスト平均法は相性が良い

 

相場は歴史から見て必ず暴落するときがあります。

世界経済への投資は、この暴落時にもコツコツと購入することが重要です。

なぜなら、世界経済は2050年までは成長していくと考えられるからです。

暴落時に購入しておけば、その分相場が回復した時に利益が大きくなる、という論理です。

だから、毎月一定額を自動で購入する設定にしておけば、あとはほったらかしで良いのです。

つまり作者の言いたいことは、お金を増やすために「毎月自動設定で、世界経済へ投資しよう」となります。

 

作者の主張は「毎月自動設定で、世界経済へ投資しよう」

 

実は私も、世界経済への投資(投資信託)を約1年実施しており、今のところプラスの成果が出ています。

ただし、投資信託を購入する場合、どの商品を買うか、が非常に重要なため、本とか無料情報とかで事前に勉強することをオススメします。

 

cocoroan
cocoroan

投資を始める前には、本や無料情報で勉強しておくことをオススメするよ

投資信託の売却タイミング

あとこの本では、投資信託の売却タイミングについても書かれています。

実は、投資信託は売却するときの方が難しいのです。

「明日になればもっと上がるのではないか」と思うと、いつまで経っても売れなくなるからです。

投資信託の売却タイミングが書かれた本はあまりないため、参考になると思います。

 

cocoroan
cocoroan

投資信託の売却タイミングは、ルール化しておくと悩まなくて済むかも

 

まとめ

「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」には、平凡なサラリーマンがお金を増やせる再現性の高い方法として、世界経済への投資することが勧められています。

世界経済は2050年までは成長し続けるので、自分のお金もきっと増えていくはず、という論理です。

*投資は元本割れする可能性があるので注意が必要です。

オマケ

アンパンマンのテーマ。

本中に出てくるけど、あの歌詞って改めてみると深い!

 

君の幸せって何?

君が喜ぶことは何?

分からずに終わる人生なんてイヤだ

 

この歌詞に即答できる人ってどれくらいいるんだろう?

実はこの本の一番のメリットは、この歌詞の意味に気付けることなのかも。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました